塾に頼りすぎるとこうなる~生徒編~①:強制しないと勉強しなくなる

2018年6月10日塾に頼りすぎるとこうなる

「塾に通っていれば大丈夫」と思っている生徒の方は多いと思います。しかしあまり任せっきりだと弊害もあるようです。

本質は、勉強ができることよりも自分から勉強する意思を持つこと

⇒” ”詳しく読む”

塾に通えば必然的に大量の宿題が出されます。宿題をやって来ない生徒は当然叱られます。厳しい塾では、すごい勢いで生徒を怒鳴りつけるところもあります。 これが普通の塾の形態でしょう。しかし、そうやって出された宿題を強制的にやらされる習慣が当たり前になると、生徒は自分で自分に負荷をかけれない子になってしまいます(これは塾に限ったことではありませんが)。いい成績を採ればなおのことです。「このやり方でいい」と思ってしまうかもしれません。しかしそこには「自分の頭と心を使っていない」という欠点があります。やっているのは目の前の計算と暗記だけです。本当に大事なことは目標に対して自分で作戦を立て、計画しクリアしていく力なのです。強制的に大量の宿題を出すことは成績は上がっても、自主能力を育む機会を奪っている可能性もあります。大事なのは、自分で切り開いていく力を持つことなのです。

⇒” ”たたむ”

塾に行っているから成績が上がるとは限らない

 

塾に頼りすぎるとこうなる②:優先事項を自分で決められなくなる

塾に頼りすぎるとこうなる③:評価思考が強くなる

塾に頼りすぎるとこうなる④:指示待ち人間になる